性に対する関心と知識は比例するものではありません。性行為に対するリスク以外にも治療薬の種類に関しても知識を仕入れていきましょう。

気にする女性と薬
  • ホーム
  • 性病の検査は家族やパートナーにバレる?

性病の検査は家族やパートナーにバレる?

性器のかゆみなど、性病が疑われる状態になったとき、病院に行けば検査を受けることができます。
近所の病院に行ってしまうと、知り合いが働いていたりして周囲にばれてしまうことがありますが、医療関係者には守秘義務があるので、家族の耳にまでは入らないでしょう。

しかし、病院に行って保険証を提出すると、後日どこの病院で治療を受けたかという確認が送られてくる場合があります。
必ず送られてくるわけではないのですが、扶養に入っていると世帯主あてに送られてくるので、家族が見てしまう恐れがあります。
結婚していても、パートナーが見る可能性もあるでしょう。

性病の検査をしたということは、パートナーに話しにくい内容です。
風邪をひいたから病院に行ったという言い訳をしても、後日ばれてしまったら関係があやうくなります。
保健所であれば、保険証を使わずに匿名で性病の検査を受けることができます。
ただ、保健所背は扱っている性病には限りがあり、毎日行っているわけではありません。
結果は直接本人に伝えるという形なので、郵送などの方法で知られることがありません。
電話での問い合わせも不可能です。

性病だと疑わしい時は、周囲に感染を広げないためにも早目の検査が必要です。
ただ、どこで検査を行うのかというのは非常に大きな問題です。
検査の結果、性病が陽性であれば、パートナーにもうつっている可能性が高いので一緒に治していかなければいけません。
片方が治しても、パートナーが治療しなければお互いにうつしあってしまいます。

性病の検査をしに行くというのは、誰にとっても気が進むものではありません。
言い訳をしても、ばれてしまった時のことを考えると気が重いでしょう。
病院でも保険証を使わずに自費扱いで検査することはできますが、その分費用が高くなってしまいます。
保健所の検査は1日に決められた数しか受け付けていないところもあり、臨機応変な対応が難しいのが現実的な問題です。

バレないように検査する方法

性病かもしれないとき、ばれないように検査する方法があります。
それは、性病検査キットを使うという方法です。
この検査キットはインターネットから簡単に注文することができます。
調べる性病についても自分で選ぶことができるので、複数の病気を1度に検査することも可能です。
申し込む際にどの病気について調べるかということは選択できるので、自分に合わせたものを選びましょう。

性病検査キットが届いたら、自分で血液などの検体を採取しなければいけません。
難しそうに感じますが、医療資格を持っていない人でも簡単に扱えるように作られたキットなので安心です。
説明書の通りに行えば、誰でも使うことができます。
検体が採取できたら、調べてくれるところに送る必要がありますが、封筒などはキットの中に用意されているので、検体を入れて送るだけです。
往復にかかる送料についても無料なので、自分で用意する必要はありません。

検査はしっかりとした機関で行われます。
自分が選択した性病について、陽性化陰性かという判定が後日送られてきます。
検査結果は性病検査だと分からないような形で送ってくれますが、心配な時は家族に仕事関係の封筒が届くから開けないように事前に伝えておきましょう。

検査結果が陰性であれば問題はありませんが、陽性だと性病であるということが分かります。
放置しても自然に良くなることはないので、すぐに治療を受ける必要があります。
治療の際にはパートナーにも性病のことを伝えて、一緒に受けることが大切です。
もしパートナーが複数いた場合は、正直に伝えて治療を受けるようにしましょう。
自分だけ治っても、パートナーの誰かが性病であればすぐにまた症状が発生してしまいます。

関連記事