性に対する関心と知識は比例するものではありません。性行為に対するリスク以外にも治療薬の種類に関しても知識を仕入れていきましょう。

気にする女性と薬
  • ホーム
  • ミノサイクリン塩酸塩を主成分としたミノマイシン

ミノサイクリン塩酸塩を主成分としたミノマイシン

医者と話している女性

ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質ミノサイクリン塩酸塩を主成分とするタンパク合成阻害薬であり、ディバインはミノマイシンのジェネリック医薬品です。
ミノマイシンは、クラミジア感染症を引き起こすクラミジア・トラコマティスに加え、ペニシリン系の抗生物質やセフェム系の抗生物質が効かないとされるウイルス真菌やマイコプラズマ属に対しても高い抗菌効果を発揮する点が特徴です。
ミノマイシンは、主成分のミノサイクリン塩酸塩が広い抗菌スペクトルを有している事から細菌による感染症の治療薬としてだけで無く、肺炎球菌や慢性気管支炎の病変の二次感染の予防薬としても多くの医療機関で処方されています。

ミノマイシンは、病原菌が生存に不可欠なタンパク質の生合成を阻害する事により病原菌の増殖を抑制し、静的な抗菌効果を発揮する治療薬です。
ミノマイシンの作用機序は、タンパク質の生合成を担うリボゾームを構成するサブユニットのうち小さな30sサブユニットと選択的に結合する事でタンパク質の生合成を阻害し、病原菌の増殖を抑制する静的な抗菌効果を発揮します。
ミノマイシンは、主成分のミノサイクリン塩酸塩が病原菌の30sサブユニットと選択的に結合する事から30sサブユニットを体内に持っていない人間に対して服用による悪影響が無いとされます。
抗生物質の中でも比較的副作用の発症リスクや副作用の重症化リスクが低い安全性の高い治療薬です。

しかし、ミノマイシンは医薬効果の高いテトラサイクリン系の抗生物質なので既往歴や体質によってアナフィラキシー・ショックや重度の血液成分異常などの重篤な副作用を併発する事も極稀にあります。
特有の副作用としては、長期間服用している高齢者の四肢に痣の様な色素沈着が発症する事があります。
永久歯への生え変わりが済んでいない子供への投与は新しく生えてくる永久歯を黄ばませる事もあるので、基本的に子供への投与は禁忌とされています。

クラミジア以外の病気にも効果を発揮する

ミノマイシンはクラミジアの治療薬として用いられていて、ジェネリック医薬品にディバインがあり、単純淋菌性感染、クラミジア・トラコマチスなど幅広い性治療病に使用されています。
また、テトラサイクリン系に分類されて、ミノサイクリン塩酸塩を主成分としています。
病原微生物には細菌やウイルス真菌などが含まれていて、この主成分が有効なのは主に感染による感染症です。
そのため、クラミジア以外にもマイコプラズマや気管支炎・肺炎まで色々な細菌に有効です。
原因菌が死滅されれば、腫れや発赤が治まり痛みも取れ、発熱している場合には解熱効果もあります。
さらに、感染症とは関係なくリウマチの治療にも応用される場合もあり、各科で広く用いられています。

特にめまいや胃の不調が出やすい副作用で、吐き気を催す場合もあり、頭痛やめまいなどの症状がみられます。
他のクラミジア治療で使用される抗生物質の中では、ミノマイシンは強い特徴があります。
持病やアレルギーを持っている場合や服用中の薬が他にある場合には、医師に伝えておきましょう。
長期服用時や高齢の方は手足にあざのような色素沈着が生じたり、小学生以下の子供が服用した場合に歯が黄色くなったり、歯の成長に悪影響を及ぼす恐れがあります。
重い副作用は頻度的にはほとんどありませんが、重いアレルギー症状や、肝障害なども引き起こす可能性があるので注意が必要です。

服用する場合には、決められた飲み方を守り、症状や年齢・製剤によって用法・用量が異なってきますので注意が必要です。
普通3~4日飲み続けていると症状が落ち着いてきますので、効果が無かったり悪化するようであれば、薬があっていない可能性があるので、早めに受診し直しましょう。

関連記事