性に対する関心と知識は比例するものではありません。性行為に対するリスク以外にも治療薬の種類に関しても知識を仕入れていきましょう。

気にする女性と薬
  • ホーム
  • クラミジアに効くジスロマックとジェネリックのアジー

クラミジアに効くジスロマックとジェネリックのアジー

ピンクの薬

ジスロマックとジェネリックのアジーは、クラミジア感染症に有効なマクロライド系の抗生物質であり、クラミジア感染症の治療は1回の服用で充分な医療効果を得る事が可能な治療薬です。
ジスロマックとジェネリックのアジーは、主成分の抗生物質アジスロマイシンがクラミジア感染症の病原菌の生存に必要不可欠なタンパク質を生合成するリボゾームの50sサブユニットと結合する事によって病原菌の増殖を抑制します。
人間のリボゾームは40サブユニットと60sサブユニットで構成されており50sサブユニットを持っていない事から副作用の発生リスクや副作用の重症化リスクが低い安全な治療薬とされています。
ジスロマックとジェネリックのアジーは、副作用の発症リスクが低い事もあり、ペニシリン系の抗生物質に対してアレルギー反応を発症する患者への投与も可能です。

ジスロマックとジェネリックのアジーは、マクロライド系の抗生物質アジスロマイシンを主成分とした事で細胞性の免疫システムの一端を担っているファーゴサイトに取り込まれ易くなります。
血中の医薬成分濃度の10倍~100倍の高濃度で感染患部組織への移行が可能となっています。
高濃度かつ高い移行性は、従来の治療薬に比べて少量の服薬量で充分な医療効果を得る事が可能となり、服薬量が少ない事で体への負担や副作用の発症リスクが軽減されるメリットもあります。

ジスロマックとジェネリックのアジーは、医薬成分を上部消化器官の消化液の影響を阻害する目的と小腸で安定的かつ長時間にわたって医薬成分を分泌し続ける事も目的とした特殊製剤法を施しています。
1日4回~5回程度の服用を1週間~10日間程度継続する必要があった従来の治療薬とは服用機関が大きく異なり、単回投与で充分な医療効果を得る事が可能となっています。
ジスロマックとジェネリックのアジーの服用は、食後食前の明確な指示はありません。
単回投与の場合には特に食後の方が血中の医薬成分濃度が最大になるまでの時間短縮や医薬成分の吸収量の増加などのメリットがあります。

ジェネリック医薬品はなぜ安価で買えるのか?

クラミジアの治療薬としても使われているジスロマックという薬にはアジーというジェネリック医薬品があります。
ジスロマックもアジーもマクロライド系の抗生物質で副作用が起きにくいことが特徴と言われており、ペニシリン系の薬剤でアレルギー反応を起こす人に対しても安全に投与できます。

どちらも薬の成分はほぼ同じで、同じような効果が期待できるためクラミジアを発症している人に対してどちらの薬も使うことができますが、このふたつは値段に大きな差があります。
それはアジーがジスロマックのジェネリック医薬品だという違いですが、通常は薬を開発するためには膨大の資金と時間をかけて研究を行い、ひとつの薬を開発します。
そして、そのような経過を経て開発された薬はしばらくの間は開発した企業のみがその薬を作ることができ、一定期間を過ぎた後に他の企業も同じ成分の薬を売り出しても良いという許可がでます。

後から作られた薬をジェネリック医薬品と言い、ジェネリック医薬品は研究や開発を行う必要がないために、その分の資金を回収する必要がなく安価な価格で提供をすることができます。
ジェネリック医薬品がもともと開発された薬とほぼ同じ成分でできていながら価格に大きな違いがあるのはこういった理由からです。
そのため、同じ病気を治療するのにも最初に開発された薬を使用する場合とジェネリック医薬品を使用する場合では価格に大きな違いが出てきます。

ジスロマックとアジーは今までの抗生剤とは大きく違い服用機関が一度だけという大きな特徴があり、一度の服用で効果がその後数日間続くという大変優れた薬です。
クラミジアに感染した時にはジスロマックやアジーを使用してしっかりとクラミジアを治療しましょう。

関連記事