性に対する関心と知識は比例するものではありません。性行為に対するリスク以外にも治療薬の種類に関しても知識を仕入れていきましょう。

気にする女性と薬
  • ホーム
  • いかにもクラミジアに効きそうなクラリシッド

いかにもクラミジアに効きそうなクラリシッド

黄色いカプセル

クラミジアに罹ったらすぐに対処しないといけません。
長期間放置していると、その症状がますます悪化し治ることはありません。
クラミジアに罹ったとき医師から処方されることの多い抗生物質にクラシッドがあります。
クラリシッドはマクロライド系という分類に属するクラリスロマイシンという物質を主成分にした抗生物質です。
同じようにクラミジアの治療薬として処方されることが多いものはジスロマックでこれも同じマクロライド系の抗生物質となりますが、ジスロマックの方が服用期間が短く、飲み忘れをしにくいというメリットがあります。
クラリシッドと同じ成分が使用されているものにクラリス・クラシッドなどがありますが、販売会社が異なるだけで効果は同じものが期待できます。

クラリシッドは1~3週間の経口投与でクラミジアを完治させる効果があると言われています。
飲み方は1回1錠200mgを1日に2回経口服用します。
服用期間はおおよそ1週間となります。
クラリシッドは比較的副作用が少ない薬と言われていますが、まれに下痢・胃痛・吐き気・発疹・かゆみなどが現われる場合があり、これらが見られたら即、服用を止め医師に相談する必要があります。

クラミジアの薬にはジェネリックがあります。
同じ成分と同じ効果が期待できますので、低価格のジェネリックを選択するとお得になります。
クラシッドのジェネリックにはシンクラーがあります。
非常に低価格でありながら、効果が高いと評判があるものです。

他にはゾグラーもあり、中身に含まれる成分クラリスロマイシンは、エリスロマイシンという抗生物質を改良して作られたものです。
従来の胃酸の影響を受けやすいという弱点を克服していますので、高濃度を保ったまま身体によく吸収されるという特徴があります。
これによって半減期が長くなり少ない服用期間でクラミジアを治癒することが可能だと言われています。
更にゾグラーは人に毒性がなく細菌にのみ毒性を示しますから利用範囲が広く、多くの症状に投薬効果があると言われています。

近年、オーラルセックスが原因でクラミジアが咽頭に感染・クラミジア肺炎を起こしたりするケースがあります。
このような場合にはクラミジアに効果のある抗生物質を静脈注射して治癒にあたります。
期間はおおよそ1~14日間で、これは投与する抗生物質の種類によって異なります。

クラリシッドでの治療方法

クラリシッドは、通常一日二回、一錠200mgを服用します。
ただし、クラリシッドを服用したことでかゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがあったり、肝機能、腎機能、心疾患がある人は注意が必要です。
妊娠または授乳中の人、他に薬などを使っている場合は、医師と相談するようにしましょう。
万が一飲み忘れに気が付いた場合はできるだけ早く飲まなければいけません。
クラミジアは薬を止めることで、増殖してしまうので途切れてしまうことが病気を悪化させる原因になります。

しかし、クラリシッドには副作用があり、腹痛、痺れ、味覚障害など起きる可能性があります。
その場合は、同じ効果が期待できる、ゾグラーやシンクラーに薬を変えることで、症状を改善することができるかもしれません。
これらはマクロライド系の投薬で利用範囲が広く、長期間使用され続けているので効果は実証されています。

マクロライド系の抗生物質としてクラリスロマイシンがあります。
これは、コーティングなどで胃酸から保護しなくても経口投与できる優れものです。
ほとんどが腸から吸収されることがわかっています。
クラリスロマイシンは薬を飲んでから作用すべき部位に到達するまで、2時間程度だと考えられています。

性器のクラミジアであればこれらの方法で治療できますが、オーラルセックスなどで喉に感染した場合は、別の方法で治療することがあります。
静脈注射をお尻に刺す方法です。
なぜ注射をしなければならないかと言うと、喉の場合は服薬では殺菌効果が得られにくいからです。
服薬で効果が無い場合静脈注射を提案されることがあり、薬の飲み合わせで服薬出来ない人や、飲みにくい人も注射をすることがあります。

関連記事